【日本の空港】ホームページへようこそ!

【日本の空港】は、VFRパイロットのための飛行場・へリポート情報誌です。ジェネラル・アビエーション用の加除式航空図書として、昭和62年(1987年)に初版を発行して以来、今年で30年目をむかえました。この間、追録発行の編集・版下作業も写真植字の時代からパソコンの時代へと大きく変化し、そのパソコン時代への変換時に改めて発行を開始した追録も通算号数が遂に第100号を超えました。この小型機・ヘリコプターパイロットに長年愛読され続けてきた航空図書は、北海道はイカす街・函館市にて手造りで発行、販売されています。

VFRパイロットのための飛行場・へリポート情報誌

  • バインダー加除式原本

    特性バインダー型式の加除式航空図書となります。
    北海道~沖縄まで全国111飛行場、21ヘリポートを場外離着陸場を含めて収録してあります。Vol.1とVol.2の二冊構成で、本のサイズはコックピット内にて使いやすくご利用いただけるように、コンパクトサイズになっています。
    オリジナルの特製バインダーにより、ページの差し替えが容易で、加除式のために追録発行ごとに新たな情報が得られます。 詳しくは...

  • デジタル版

    【日本の空港】のデジタル版です。加除式原本と同様の掲載内容となっています。
    Windows用は、USB版とDVD版があります。タブレット版は、iPadやiPhoneでご利用ください。ファイル型式は、全て専用ビューアで閲覧するPDF型式です。各ページはカラー表記で見やすく構成してあり、ページ移動もスムーズに行なえます。USB版はインストール不要でPC装着後、直ぐにご使用いただけます。DVD版・タブレット版は、ご利用端末にインストールするスタイルです。
    データアップ方法は、各デジタル版により異なります。 詳しくは...

  • 加除式原本の追録

    バインダー加除式の航空図書【日本の空港】は、追録を定期的に差換えることによって常に新しい飛行場などのVFR情報が得られます。各追録は、台本である加除式原本で変更・修正されたページに限り、その改定ページを別刷りで個別に印刷したものです。改定の必要が無いページは含まれておりません。追録送付は有償扱いとなっています。有償のために強制的な配布システムではありません。お申し込みいただいたお客様に限り、送料込みでの郵送配布となります。追録送付のお申し込み手続き完了後、追録発行ごとに自動的に配送いたします。 詳しくは...

  • 函館空港のご紹介

    函館空港は3000mの滑走路を持つ大型機が離発着可能な、津軽海峡の汐の香りただよう飛行場です。飛行場標点を中心にして半径9キロメートルの管制圏が設定されており、空港監視レーダー・ILSも運用、運航面の安全性も十分です。津軽海峡の沖合いに連なる漁火を、愛機の翼下にいだきながらのアプローチは、素敵な三次元の世界を演出します。1000フィートの函館山から眺める夜景とともに、フライト後の疲れを癒やす温泉地や特産品の魚介類も豊富なイカす街・函館。ぜひ、そんな函館空港へとおこしください。冬景色の函館もお薦めです。 詳しくは...